アメリカ経済指標・個人消費支出PCEと個人所得

2019年10月21日

個人消費支出(PCE:Personal Consumption Expenditures Price Index)とは、個人消費と個人所得について調査したもの。

変動が激しい食品とエネルギーを除いたものを「PCEコアデフレーター」という。

個人消費支出は、ほぼ全ての消費者が調査対象。

いっぽう、消費者物価指数(CPI:Consumer Price Index)の調査対象は都市部がメインで、全消費者の80%をカバー。

物価の上昇はFRBのインフレ指標として金融政策に大きな影響を及ぼすため、重要な指標となる。

消費支出が増えるということは、収入が増えたということであり、雇用環境の好調さを示す。

耐久財(自動車・家電製品等)、非耐久財(食品・衣料等)、サービス支出(旅行・外食等)

コア個人消費支出(発表月ベース)
  コア前月比・予想
コア前月比・結果 コア前年比・予想 コア前年比・結果
2018年7月        
8月 +0.1% +0.1% +2.0% +1.9%
9月        
10月        
11月        
12月        
2019年1月        
2月        
3月        
4月        
5月        
6月        
7月        
8月        
9月        
10月        
11月        
12月        
1月        
 個人消費支出
  前月比・予想 前月比・結果
2018年7月    
8月 +0.4% +0.4%
9月    
10月    
11月    
12月    
2019年1月    
2月    
3月    
4月    
5月    
6月    
7月    
8月    
9月    
10月    
11月    
12月    
1月    
個人所得
  予想 結果
2018年7月    
8月 +0.4% +0.4%
9月    
10月    
11月    
12月    
2019年1月    
2月    
3月    
4月    
5月    
6月    
7月    
8月    
9月    
10月    
11月    
12月    
1月    

2