Context Menu Search!2倍速く検索する拡張機能

2019年7月12日

今回は、Webの検索スピードを2倍速くするGoogle Chromeの拡張機能「Context Menu Search」を紹介します。

 

コピペの無駄な時間を減らして、少しでも多く検索できるようにしましょう!

 

Context Menu Searchとは?

 

Context Menu Search」はGoogleの拡張機能で、誰でも無料で使えます。

 

使い方は簡単で、たとえば「float」という単語を次の3ステップで検索できます。

  1. なぞって青文字反転
  2. 右クリックでメニューを出す
  3. 検索したいサイトを選ぶ

 

 

コピーもペーストも不要なので、2倍速くなります
うさぎ

 

Context Menu Searchの導入と設定

 

「Context Menu Search」はGoogle Chromeの拡張機能なので、ブラウザにGoogle Chromeを使用していることが前提になります。

 

まず、GoogleウェブストアでContext Menu Searchを追加してください。

 

次に、適当にWeb上の文字をなぞって、右クリックしContext Menu Searchにマウスを合わせると検索できるサイトが表示されます。

初期設定では検索先が海外のサイトになっているので、一番下の「Options」をクリックしてください。

設定画面が開きます。

 

ここでは、Googleを追加してみます。

別のページでGoogleを開いて「あああ」など適当に日本語を入力し、検索してください。

 

画面上部のURLにある2箇所の「あああ」を「TESTSEARCH」に書き換えてください。

 

書き換えたURLを先ほどのContext Menu SearchのLINKの欄にコピペします。

左側のDisplay nameの欄には「Google」と入力し、「Add new option」ボタンをクリックします。

 

Googleが追加されているのを確認したら、「Save new config」をクリックして設定完了です。

 

同様に、検索で使う他のサイトを追加してください。

おじさん
Googleは2箇所TESTSEARCHに書き換えましたが、通常は1箇所です

 

サイトによっては、「あああ」が表示されない場合があります。

残念ながら、そういうサイトではContext Menu Searchは使えません。

 

登録したサイトを並び替えるときは、左の十字マークをクリックしながら移動させてください。

また、不要になったサイトは、右の☓印で削除できます。

 

Context Menu Searchの使い方

 

使い方はここまでの説明でだいたい分かってもらえているのでは、と思います。

 

検索したい語句を青文字反転させ、検索したいサイトを選ぶだけです。

 

使えば使うほど、検索時間の短縮が実感できると思います。

おじさん
分からないことをどんどん検索していきましょう!